スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


玄葉光一郎政調会長会見詳報(1)(産経新聞)

■「政策のキャプテン役を務めたい」

 政調会長に決まった玄葉光一郎氏の就任会見は以下の通り。

 「みなさん、こんばんは。本日、菅(直人)新代表から使命を受け、また、両院総会でご承認をいただいて、民主党の政調会長に就任をさせていただきました玄葉光一郎です。どうぞよろしくお願い申し上げたいと思います」

 「特に政策部門での全員参加、そのキャプテン役を務めるつもりでがんばりたいと。監督は菅さん、ということだと思います。政策調査会の復活ということを菅新代表がおっしゃいましたけれども、正確に申し上げると、かつての政調会を復活ということではないと私は思っています。つまりは、一元化。政府・与党、政策決定の一元化の下における政調、政策調査会を新しくつくると。そういうふうにお考えをいただければというふうに思っております」

 「少し、説明をいたしますと、かつてみなさんがよくご存じの自民党の政策決定。これはですね、1つはですね、スピードの面で非常に意思決定が遅かった。なぜかと言えば、部会があって、政調役員会があって、総務会があって、そこですべての了承を得なければなかなか意思決定にならない。そういう問題がまず1つ、ありましたね。もう1つは責任の所在。政府にあるのか、与党にあるのか、どっちにあるのか分からない。こういう問題もあったと思います。そして、さらに3つ目を申し上げれば、族議員がどうしても輩出しやすいと。こういう欠点がかつての自民党政権下での政策の意思決定の中には存在をしていたと」

 「従って、鳩山新政権になって、民主党政権になって、政策の政府・与党一元化というものを図ったわけです。で、私は、菅新政権、とても大事なことは鳩山政権の8カ月の蓄積と教訓を生かすということだと思っておりまして、その教訓の1つは、まさにこの政府と与党の関係だと思っています」

 「一元化、これは、今後も続けたいと思います。ただ、この8カ月の間に何が起きたかと言いますと、与党の中に、民主党の中に、なかなか自分たちの、議員ですよ、国民のみなさん、有権者のみなさん、選挙区に帰ってたくさんの声を聞いてくる、吸い上げるんだけれども、いざ自分たちの声を政策決定の場で申し上げても、なかなかそれが反映できないと。そういう不満の声が多々ありましたし、なかなか闊達な政策の議論がですね、特に最初のころはですね、ないのではないかと。こういう議論があったわけです。

 「従って、一元化の下で政策調査会というものを復活できないか。あるいは新しく作れないかと。こういう議論を展開してきたわけですけれども、菅新代表からは『全員参加で、全員参加のための政策調査会、それをぜひつくってほしい』と直接お願いをされましたので、そのことを肝に銘じながらですね、新しい、これはある意味ですね、日本の政党史上、初めての、新しい試みでありますので、そういう政策調査会ですね、仕組み上、作っていって、一年生議員も含めててですね、生き生きと政策活動が展開できるような、そんな民主党にしたいと。そのために全力を尽くしたいというふうに思っておりますし、また同時に、政策調査会長という立場でありますので、いわば政策についての説明責任というものを負う立場だというふうに理解していますので、そのことにも全力を尽くしてがんばってまいりたいというふうに思っておりますので、どうぞ、みなさんのご協力をよろしくお願い申し上げたいと思います。以上です」

−−政調の新しい制度はいつまでに作り上げるか

「ご案内の通り、まあ、現在は国会の会期末近くということであります。そして、参議院選挙がこれからすぐあるわけですから、参議院選挙、終わるころまでにですね、一定の仕組みをですね、少なくとも構想上、作り上げることができれば、今後の活動には何に支障も来さないのだろうと。従って、これから、幹事長、あるいは官房長官とも話し合いながらですね、先ほど申し上げたような政策調査会を作り上げられるように段取りをしたいと。そう考えています」

【関連記事】
新幹事長が「脱・小沢戦略」示唆  参院選候補問題
民主党執行部がスタート 「菅政権」8日発足
民主党新執行部 枝野幸男幹事長 絶妙な政界遊泳術で…
菅氏したたか?続々内定組閣人事“仕分け人”蓮舫氏も大臣に
菅新首相に期待57%、比例投票先は民主34%に急伸
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<新潟水俣病>4次訴訟 患者会が和解協議入りを決定(毎日新聞)
27日に「孤独死」の講演会(医療介護CBニュース)
<脅迫>武富士副社長宅に「約束破った」の手紙、銃弾?同封(毎日新聞)
「なぜ起きたのか」「忘れないで」=安全な街願う―秋葉原無差別殺傷から2年(時事通信)
みんなの党の江田幹事長が「菅民主」との連携をあらためて否定(カナロコ)

原発差し止め訴訟で判決へ=島根1、2号機の耐震性争点―提訴から11年・松江地裁(時事通信)

 中国電力島根原子力発電所(松江市)の1、2号機は地震に対する安全性が確保されておらず危険だとして、周辺住民ら133人が同社を相手に運転差し止めを求めた訴訟の判決が31日、松江地裁(片山憲一裁判長)である。
 運転差し止めを命じた志賀原発2号機(石川県)訴訟の金沢地裁判決後、国は2006年に原発の耐震設計審査指針を改定。その後の差し止め訴訟判決では、同原発訴訟の控訴審を含め住民側が敗訴している。
 1999年に提訴された島根訴訟は、松江市の東西を走る活断層「宍道断層」で想定される大地震への耐震安全性が主な争点となった。 

【関連ニュース】
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
【特集】もんじゅ運転再開〜信頼は取り戻せるのか〜
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕高速増殖炉「もんじゅ」

「4日にやる」組閣、なぜ8日に先送り?(読売新聞)
若年層の献血離れ深刻 すそ野を広げる“仕掛け”(産経新聞)
「取り調べ全面可視化を」足利事件・菅家さんら(読売新聞)
来年から互いのアニメ、映画を紹介 日中(産経新聞)
年2回投与の骨粗鬆症治療薬が米国で承認取得(医療介護CBニュース)

NHK、受信料不払い者に初の強制執行(読売新聞)

 NHKは26日、受信料支払いの法的督促後も不払いを続けている5都府県の契約者5人に対して、強制執行手続きの申し立て書を管轄する各地方裁判所に発送したと発表した。

 不払い者に対する強制執行は初めて。

 NHKでは2006年11月から、受信料不払い者に対し、簡易裁判所を通じた法的督促を実施。今年3月末現在、全国で841件の督促申し立てを行い、90件が強制執行の対象となっていた。

 その中で、不払いの意思が明確で、差し押さえる債権が判明するなど、準備が整った8人を選別。今月14日に強制執行の予告を行ったところ、3人が支払いに応じていた。強制執行の対象となった5人の滞納期間は、36〜54か月。請求額は7万1746円〜13万1800円。

義母刺した容疑、女逮捕=家庭内トラブルか―静岡県警(時事通信)
<赤ちゃんポスト>15人のうち1人は親元に 熊本09年度(毎日新聞)
宇宙ヨット「イカロス」も予定軌道に入る(産経新聞)
個性派ズラリ!ラーメンバトル2010 グランプリ「牛タンラーメン」の実力は?(産経新聞)
口蹄疫で特措法成立へ=農家支援、まん延防止強化(時事通信)

みんな「魚食べよう! 」=ファッションモデルが魚食普及―水産業界も注目(時事通信)

 若者に人気の日本人ファッションモデル「Lie」(ライ)さん(25)がリーダーとなって魚食を推進する「ウギャル」プロジェクトがスタート。若い世代をターゲットにした魚食拡大策に、水産業界も熱い視線を送っている。
 ウギャルとは、魚(うお)と海(うみ)の「う」に若い女性の「ギャル」を組み合わせた言葉。昨年冬、ライさんがモデルの仕事につまずき「今、自分にできることは何か」と考え、肉食の増加や魚離れに歯止めを掛けようと、モデル活動と並行し魚食普及の旗振り役を買って出た。
 魚を扱う都内居酒屋のアルバイトで身に付けた包丁さばきや、調理の仕方などを自身のブログで紹介するほか、漁業者の協力を得て漁業体験に挑み、生産現場の状況などを一般に伝えていく。
 4月には高知県で、四万十川のウナギ漁に参加したり、カツオのたたき作りを体験したりした。今後、岩手県釜石市で養殖業者の協力を得てカキの種付けなどを行い、2万個の「ウギャルカキ」生産に乗り出す。
 ライさんは、「漁師さんたちの苦労や、地元でしか食べられない魚の食べ方も多くの人に知ってもらいたい」と意欲を燃やす。一方で「魚は健康に良いだけでなく、美容に良い成分もいっぱい。魚を食べて体の内側からきれいになって」と訴えており、今後、他のモデルとともに若い世代へ魚食を広げていく。東京・築地市場(中央区)の卸会社「築地魚市場」の鈴木敬一社長は、「若者をはじめとした魚消費の減少は、漁業の衰退にもつながっている。われわれはもちろんだが、若い女性が魚食をPRしてくれるのは心強い」と大きな期待を込めている。 

【関連ニュース】
【動画】ノギャルの漁業版「ウギャル」が登場!

初の野党での選挙に苦渋の思い―石破政調会長(医療介護CBニュース)
マンション男性2人刺殺事件、住人を逮捕…大阪(読売新聞)
インドの82歳男性「70年以上食事せず」 驚異の体、解明なるか(産経新聞)
復元住居を壊す、中学生送検=器物損壊容疑―静岡県警(時事通信)
<名誉棄損訴訟>山岡議員が請求放棄 「秘書給与疑惑」報道(毎日新聞)

警察官を名乗る振り込め詐欺で、68歳女性が150万円被害(産経新聞)

 兵庫県警川西署は10日、同県川西市内の無職女性(68)が警察官を名乗る男らに現金150万円をだまし取られる詐欺事件があった、と発表した。同署管内ではこの日、別に同様の未遂事案が6件あり、関連を調べている。

 同署によると、同日午前、女性宅に同署の振り込め詐欺対策担当を名乗る男から「口座が犯罪に使われている。銀行協会の者を行かせるので交換してほしい」と電話があり、約1時間後に男が訪問。女性は通帳などを渡したが、その後不審に思って口座を確認したところ150万円が引き出されていた。

【関連記事】
「高差」「うちこ」隠語は健在…警視庁ネットハンターが狙う闇サイトの“急所” 
現金より金塊を狙う“平成のルパン” 流行に敏感な振り込め詐欺犯たち
振り込め被害970万円 GWで長男帰省、気付く
「東京管財」名乗る振り込め詐欺、指示役の男を逮捕
「土浦警察署のものですが…」茨城で不審電話相次ぐ

民事法情報センター、法人解散を正式決定(読売新聞)
鳩山首相元秘書の有罪確定=偽装献金事件−東京地裁(時事通信)
「肩代わり」健保法改正案が成立−12日参院本会議(医療介護CBニュース)
<カキツバタ>しっとりと鮮やかに 愛知・無量寿寺で見ごろ(毎日新聞)
平野官房長官とんぼ返り…徳之島町議と会談(読売新聞)

マンションに女性の変死体=発見直後、男性飛び降り自殺−大阪(時事通信)

 28日午後7時15分ごろ、大阪市生野区中川西のマンション5階の室内で、20代とみられる女性が死亡しているのを府警生野署員が見つけた。直後に若い男性がこの部屋のベランダから飛び降り、搬送先の病院で死亡が確認された。自殺とみられる。女性の遺体は腐乱しているとの情報もある。 

【関連ニュース】
「やり過ぎれば死ぬ」と供述=1歳男児変死、傷害致死で捜査
同居の男を傷害容疑で逮捕=1歳男児変死、虐待認める
「虐待の恐れ」前日相談所に連絡=打撲跡2カ所、1歳男児変死
1歳男児が変死=頭にあざ、虐待可能性捜査
42歳女性、市営住宅で変死=頭に傷、事件の可能性

鳩山首相の鹿児島入り見送り=徳之島案、さらに困難に(時事通信)
鳩山首相、五輪出場者の健闘ねぎらう=浅田選手、次回ソチへ「日々精進」(時事通信)
就任2カ月で副市長辞任、市政混乱で引責 大阪・守口(産経新聞)
仕分け第2弾、住宅資金貸付など8事業「廃止」(読売新聞)
氷川丸、荒波乗り越え80歳…横浜で祝賀式典(読売新聞)

虐待の連鎖断ち切れ 社会の無関心さに警鐘(産経新聞)

【なぜわが子を傷つけるのか】(5)

 虐待され続ける子供と、虐待を繰り返す親。どうしたら、この現状を止められるのだろうか。

 30年にわたり援助の第一線で働き続け、昨年3月、闘病の末にこの世を去った医師がいた。東京都江東区の小児科医で、社会福祉法人「子どもの虐待防止センター」前理事長の坂井聖二さん(享年59)。

 「虐待を受けた子供は今も地域で暮らしている。つらくても声を出せないでいる。私たちがあきらめることは、私たちがその子をネグレクト(育児放棄)することだ」。江東区の保健師、太田富士子さん(49)は、今も坂井さんのこの言葉を胸に、自転車で家庭訪問を続けている。

 坂井さんは開業医の家に生まれた。医師になって2年目の昭和54年、虐待で左目を失った2歳の女児の主治医となったことから問題に取り組んだ。欧米の最新知識をわが国へ紹介する一方、「子供は地域で生きたいのだから、地域のネットワークで支えよう」と保健師をはじめ児童相談所、学校、保育所などの関係者と集まり、個々の家族をどう支援していくか考える「ケース会議」を重ねた。

 太田さんは「坂井先生がかかわり、地域で10年以上1つの家族を支え続ける会議もある。子供や家族を地域で粘り強く支援することがいかに重要なことかを学んだ。拒絶する親でも、必ず介入のチャンスがあることを知った」という。

 ■援助必要な家族

 坂井さんは亡くなる6年前、重い眼病にかかり視力をほぼ失った。やがて肺炎を発症し、キャリーバッグに酸素ボンベを入れケース会議に現れたこともあった。援助に携わる人々へ坂井さんが残したのは次の言葉だった。

 《虐待という問題の存在を否認し、援助を拒否し、援助者を遠ざけ、援助者に攻撃的にさえなる家族こそ、真に援助を必要としている家族である》

 しつけと主張し虐待を認めない親。児童相談所の職員が訪ねてもドアを開けない親。悪態をつき「自分たちでやっていけるから」と周囲の支援を拒む親…。

 虐待がエスカレートした家庭への対応は難しい。そうした家庭に根気強く「介入」していくことが、問題の根本を解決する方法であることが、専門家らの話から分かってきた。

 ただ、事態はもっと切迫している。今この瞬間にも虐げられている子供がいて、命を落とす危険にさらされている。「根気強く」では間に合わない。

 ■親の言葉疑う時

 東京都江戸川区で今年1月、親から虐待を受け死亡した岡本海渡(かいと)君=当時(7)。虐待に気づいた小学校側は両親と話し合い、父親は「もうしない」と約束した。小学校側はこれをうのみにした。ハイリスク家庭に「介入」できても、親がうそをつけば、意味がないことを浮き彫りにした。

 坂井さんとともに虐待防止に取り組んできた神奈川県伊勢原市の医師、山田不二子さん(49)は「子供は自ら症状を訴えられないため、治療は親の言葉を信じることから始まる。一方、虐待は親の言葉を疑うという相反する対応が求められる」と話す。

 海渡君の事件で、小学校はそれ以上、何もできなかった。区の虐待相談窓口である「子ども家庭支援センター」も安全確認を小学校の情報提供だけで済ませていた。海渡君のSOSは二重三重にブロックされた。

 社会の無関心さが虐待死を増大させている側面さえ、あるように映る。

 事件対応を検証した上で、センター側は新たな対応策を示した。「虐待が疑われる場合はセンター職員が児童の状況を確実に目視する。いざというときは躊躇(ちゅうちょ)することなく警察や児童相談所と協力し迅速な対応を取る」。遅きに失した感はぬぐえないが、こうした態勢を各地で早く整えるほかないのだろう。時と場合によっては、親の言い分を聞かずに通報する選択肢さえあるのではないか。事態はそこまで深刻だ。(終わり)

【関連記事】
なぜわが子を傷つけるのか? 止まらぬ虐待、愛されなかった過去…
夫がオーブンに入れてスイッチ…笑って見つめる妻 2歳長男虐待死公判
内縁関係3カ月…怖くなり逃走 男児虐待死の23歳男
性的虐待問題で法王の逮捕を要求 英作家ら
「かっとなって」3歳の娘を母親が虐待、意識不明に

<春の高山祭>小雪の舞う中で開幕 屋台12台が登場(毎日新聞)
金券ショップに強盗 少年を逮捕(産経新聞)
<警察庁>被害届前でも逮捕 男女間トラブル対応で指針(毎日新聞)
男児ポルノサイト主宰者、東南アジアで児童買春か(読売新聞)
<足利事件>菅家さんの選挙権回復 10年ぶりに名簿登録(毎日新聞)

4歳男児、12階ベランダから転落死(読売新聞)

 20日午後3時55分頃、千葉県印西市原の14階建てマンションの敷地内で、12階に住む幼稚園の男児(4)が倒れているのを母親(37)が見つけ、119番した。

 男児は病院に搬送されたが、全身を強く打っており、間もなく死亡が確認された。

 印西署の発表によると、普段は居間に置いてある子供用イス(高さ50センチ)がベランダで見つかった。同署は男児がイスに乗り、手すり(高さ1メートル20)を乗り越えたとみて調べている。男児は両親と3人暮らし。母親は買い物から戻り、男児の転落に気づいたという。

「普天間、5月に決着する」日米首脳非公式会談(産経新聞)
有明海ノリ養殖を視察=諫早干拓の周辺県訪問−赤松農水相(時事通信)
「教習所行ったが…」20年無免許運転の男逮捕(読売新聞)
火山噴火 ぐったり 空港寝泊まり150人(毎日新聞)
「成長戦略」追加、民主が参院選公約の骨格案(読売新聞)

入省したての農水省職員逮捕 女子大生触った現行犯 警視庁(産経新聞)

 電車内で女子大生の体を触ったとして、警視庁目黒署が東京都迷惑防止条例違反の現行犯で、男性職員(24)を逮捕していたことが15日、分かった。同署によると、男性職員は容疑を認め、8日に東京地検へ送検された後、処分保留で釈放された。男性職員は4月に農林水産省に入省したばかりだった。

 同署の調べによると、出勤中だった男性職員は7日午前7時半ごろ、東急東横線上り電車内で、女子大生(18)の下半身を服の上から触った。

 男性職員は女子大生に腕をつかまれるなどして取り押さえられ、中目黒駅で駅員に引き渡されたという。

 同省によると、男性職員は1日に入省し、水産庁漁政課に配属された。勤務問題に問題はなかったといい、「事実関係を確認した上で厳正に対処したい」と話している。

【関連記事】
彼女を救出!実は「やらせ強盗」 大学生2人を逮捕
スリで逮捕の文科省事務官、先月からマークされていた
中尊寺僧侶を逮捕 女子高生にみだらな行為の疑いで岩手県警
英会話教室経営の米国人、女児わいせつ容疑で逮捕 ビデオ600本超
INAX中傷容疑、中国籍の自称ジャーナリストを逮捕
外国人地方参政権問題に一石

1歳男児が変死=母が119番−大阪(時事通信)
山崎さん、宇宙基地到着=ドッキング成功、野口さんと対面へ(時事通信)
「子ども女性安全対策係」初摘発は盗撮容疑男(読売新聞)
ドラマ「カバチ」でTBSに抗議=「行政書士が示談交渉」−大阪弁護士会(時事通信)
次世代車、10年後20〜50%=国内販売で目標−経産省(時事通信)

ワゴン車全焼、3歳と1歳救出=両親買い物「室内にライター」−宮城(時事通信)

 4日午後4時55分ごろ、宮城県柴田町槻木上町のスーパー駐車場で、駐車中のワゴン車が燃え、全焼した。車内には同町に住む男性会社員(37)の3歳と1歳の姉妹2人がいたが、火災に気付いた男性らが助け出した。2人にけがはなかった。
 男性は車にライターを置いており、車内から火が出ていたと話しているという。外から火がつけられた形跡はなく、県署大河原署が原因を調べている。
 同署によると、男性は妻(29)、3歳の長女と1歳の次女を車に乗せ、同店に到着。娘2人を鍵を掛けた車内に残し、妻と店に入った。約10分後、男性が車の火災に気付き、妻とともに助け出した。妻が右手首に軽いやけどを負った。
 娘2人が座っていたのは車の3列シートの2列目。男性は同署に対し、運転席と助手席の間にライターとたばこなどを置いていたと説明。「運転席と助手席の間あたりから火が出ていた」と話しているという。 

【関連ニュース】
車内に雑然と可燃物=紙くずなどに引火か-4児死亡火災・北海道
入院の妻死亡、死者3人に=自営業者宅放火
住宅火災、焼け跡に2遺体=80代夫婦か
アパート火災、2人焼死=高齢の親子か
住宅火災で3遺体発見=50〜70代の母子か

サル ボスに君臨11年4カ月、「ゾロ」は温厚、仲間思い(毎日新聞)
<舛添前厚労相>与謝野元財務相らと連携否定 新党参加せず(毎日新聞)
<論文盗用>東大がトルコ籍の元助教懲戒解雇、経歴偽造も(毎日新聞)
新党、月内結成へ=与謝野、園田氏−平沼氏との連携も(時事通信)
<訃報>藤井黎さん79歳=元仙台市長(毎日新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
債務整理
出会いランキング
携帯ホームページ
無料ホームページ
ネットビジネス
借金整理
審査 甘い キャッシング
クレジットカード現金化 還元率
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM